株で生活を豊かにする

株式投資を中心にゆるく書く。

MENU

地方株主におすすめ12月権利確定株主優待


現在、日本には約3700社もの上場企業が存在をしています。その中で株主優待を実施している企業は約1450社あります。

景気の後押しもあってですが、2012年ごろから株主優待を実施している企業の増加が加速しているイメージです。

そして今月12月は182社もの株主優待を実施している企業の権利確定月となっています。これを少ないととらえるか多いととらえるかはお任せしますが、株主優待のほとんどは3月と9月に権利確定月が集中しているため12月は3番目に実施企業が多い月となってます。

優待を好みとしている投資家の方には楽しみな月ではあるかもしれません。

しかし、貰ってもうれしくないものも残念ながらあります。私は決して都会とは呼べない地域で暮らしているので使おうにも使える店舗がないってことにも十分注意を払わなければなりません。

そこで今回は地方でも比較的使いやすい、かつ全国的に人気の株主優待を3社だけ紹介します。使いやすさを地方での使いやすさを考慮したランキングですので参考程度に見てください。

 

 

1位 すかいらーくグループ

ここは堂々の1位で間違いないかと思います。

同社の株主優待はガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、しゃぶ葉、トマト&オニオン、じゅうじゅうカルビなど多くの店舗で利用できます。まだまだ他にも使える店舗はありますよ!使い勝手はとても良いと思います。

同社は6月と12月に株主優待を実施しています。

(12月)

 100~299株 食事券3,000円

 300~499株 食事券11,000円

 500~999株 食事券18,000円

 1,000株~    食事券36,000円

(6月)

 100~299株 食事券3,000円

 300~499株 食事券9,000円

 500~999株 食事券15,000円

 1,000株~    食事券33,000円

すごい太っ腹ですよね!!この食事券はすかいらーくグループの店舗ほとんどで利用できます。それになんと!全額を食事券で支払うことが可能なんです。 
よくある、1,000円以上の食事につき500円分の割引などの制限はありません!

「はじめて優待株を買ってみようかな」など迷っている方には特にお勧めですよ!

優待株のすばらしさを一番実感できる投資先かもしれません。配当も良いので還元率が非常に高いです。

 

2位 日本マクドナルドHLDG

ここの企業については説明するまでもないでしょう。どの都道府県にもありすぐにでも行ける距離にありますよね?(無かったらすみません)

優待内容は全国のマクドナルドで使える食事券です。

冊子になってもらえるのですが、1冊でバーガー類、サイドメニュー、飲み物の3つの商品が無料となる引換券が6枚ずつついています。

しかも!このジャンルの中の商品であれば何でもいいんですよ?すごいですよね!

権利月は6月、12月で同じ内容となってます。

100株~1冊

300株~3冊

500株~5冊

私もマクドナルド大好きですし、業績もすばらしいくらい右肩上がりなので大変おすすめなのですが、残念ながら株価が高い!!

100株購入するのに50万円くらいしちゃうんですね。

私もほしいのですが、とても手がでません!

色んな優待がほしい投資家の方はもうすこし少ない投資で優待が貰える企業に投資するのもいいかもしれませんね!

 

3位 キリンHD

こちらも知らない人は居ないと言ってもいいでしょう。

日本のビール市場上位に位置しているキリンビール!!(2018年12月現在は2位)

海外市場にも挑戦しており、ブラジルは撤退指定されたしまいましたが、現在はアルゼンチンやオーストラリアに注力しているみたいです。

優待内容は12月

ビール、もしくは清涼飲料水1,000円分です。それらを受け取らない場合は寄付も選択できます。

先の2社に比べると見劣りはしてしまうかもしれません。

優待だけで見るとこっちのほうがいいじゃないか!と思える企業はいくつもあると思います。しかし、キリンHDは株価に対して配当が良いと、国内市場シェア2位という強みを持っていることを考慮し、あくまで私の判断ですが3位とさせていただきます。

投資金額も2018/12/15現在で23万円ほどなので初心者の方も買えるかとおもいます。

 

 

今回は地方の株主にも有効活用できる株主優待だけを選定してみました。近年は株主優待に注力している企業が多いので調べてみるといろいろ発見がありおもしろいですよ!

それでは良い優待ライフを。